2018年2月12日 (月)

講演会 「Oh! オランウータン 森のヒトのふしぎ」

多摩動物公園で開催された講演会
「「Oh! オランウータン 森のヒトのふしぎ」」に
参加させていただきました。

事前申し込みが必要で、定員150名とありましたが、
260名ほどの参加となったようです。
午前中には子ども向けのワークショップもあったようで、
その流れからか質問タイムには
利発そうなお子さんたちの声も聞かれました。

研究者や飼育員さんなどが下記のテーマでお話され、
それぞれとても興味深い内容でした。

講演1「オランウータンの身体のヒミツ」

講演2「オランウータンの森のくらしのヒミツ」

講演3「オランウータンが見せる平和力」

講演4「日本初、代理母の取り組み」

以下、録音・撮影不可であまり詳しくメモも取れなかったので
間違っているところもあるかもしれませんが、
雰囲気だけでも伝われば・・・と思い印象に残ったことを書いておきます。
(私の関心は主に多摩のオランウータンにあるので、そこに絡む話が中心です)

Dsc_1714
(キキさん)

昨年開催されたジプシーさんの講演会でも見せていただいた動画を
講演3でも見ることができました。
あれ、DVDで発売してくれないかしら(^^)。

キキさんが来園したばかりの頃、
一緒に放飼場に出たチャッピーさんがキキさんを追いかけ、
それを止めようとするジプシーさんを映した動画。

自分の娘であるチャッピーさんの味方をするのではなく、
血縁関係でもないキキさんを守ろうとするジプシーさん。
すでにけっこうなお年でしたが、必死でキキさんを守ろうとしていました。

森の中で単独生活をしているオランウータンは、
群れで暮らす類人猿と違い、
他の個体を助けたりする必要がないようなイメージがあります。

しかしオランウータンについてはまだ知られていない部分が多いので、
実は、人間に知られていないだけで、
オランウータンにもそのような性質がもともとあるのかもしれない。
それが、このようなシチュエーションになり、
引き出されたのではないか・・・というようなお話もあったと思います。

動画の最後、ジプシーさんもチャッピーさんと一緒になって、
キキさんのお尻チェックをしている部分が
前回見たときもツボだったのですが(^^)、
研究者たちにも「謎」だというのが面白かったです。

あれは何をしているのか、何の意味があるのか、
みんな気になっているのですが、誰にもわからないようです。

Dsc_1813


Dsc_1828
(アピ君)

講演2は、ボルネオ島の森で暮らすオランウータンのお話。

基本的には単独生活をしているものの、
当然、森の中で出会うことはあるわけで、
そのような時に子ども同士を遊ばせることもあるそうです。

特に、メインの食べ物である果物が豊富な時期は、
血縁関係がないオランウータン同士が
「つるんでいる」こともあるようです。

また、若いメスは、子どもを連れた母親と出会ったら、
母親の行動を観察して育児について学んでいるのかもしれない。
森の中での出会いや観察が、
スキルアップにつながるのでは・・・とのこと。

その可能性を示す例として、
因果関係はまだはっきりしていないとのことですが、
とても興味深い事例がありました。

同じエリアで同じくらいの年のメスが2頭、
ほぼ同時期に初出産。

食べ物などの条件は同じでしたが、
メスAは以前からずっと、
ある親子にくっついて生活していた。
メスAは赤ちゃんの抱きかかえ方なども上手で、
初産であったのにとても上手に子育てをした。

一方、メスBは単独で、赤ちゃんの抱き方などもぎこちなく、
数日後に観察したときには、もう赤ちゃんはいなかった。
赤ちゃんを落としたか、何らかの事情で
赤ちゃんを失ってしまったのだろうとのこと。

この事例は、メスAが観察によってスキルアップした可能性を示唆しています。

そしてこのお話は、バレンタインさんのケースにもつながると思います。

Dsc_1754
(バレンタインさん)

一番聞きたかったのは講演4ですが、
バレンタインさんも観察や放飼場での同居によって
いろいろ学習していることがわかりました。

そしてそこには、やはり、ジプシーさんの存在も大きかったようです。

バレンタインさんとチェリアちゃんについて初めて知った方は、
こちらの記事内(2017年1月)のリンクをぜひお読みください。


Dsc_1806
(リキ君)

天真爛漫なリキ君は、「見知らぬおばさん」にも自ら接近していきます。
しかし、他の個体と「遊んだこと」がなかったバレンタインさんは、
力の加減がわかりません。
リキ君を噛んで出血させてしまったこともあったようです。

そんな中、バレンタインさんがあんまり力いっぱいのときは
ジプシーさんが間に入ってやめさせるなど、
バレンタインさんに力加減を教える役割を果たしている動画も見せていただきました。

そのような経験をする中で、バレンタインさんも力加減がわかってきたようです。
今ではすっかりリキ君と「お友達」になり、
31歳(もうすぐ32歳)が5歳児と同じレベルで楽しく遊んでいます。

人工哺育だったバレンタインさんは、
多摩でいろいろなことを吸収して
これから「オランウータン」へと成長していくのでしょう。

バレンタインさんの契約は2年間とのことなので、
今年の末にはズーラシアに戻るようです。

Dsc_1793
(バレンタインさん)

もう1つとても興味深かったのは、
まだ外の放飼場に慣れていない頃、
第1放飼場へ出たバレンタインさんは、
夕方になっても寝室へ戻ることができず、
そのまま外で一夜を明かしたことがあったそうです。

そして、翌日になって寝室に戻れたバレンタインさんが
ポロポロと涙を流したとのことで、
この涙に飼育員さんも驚いたそうです。

どんな感情から「涙」を流したのかは、
知るすべはありませんが、
心細かったり、怖かったり、戻れて安心したなど
いろいろな気持ちが混ざっていたのかもしれません。


Dsc_1863
(ミンピーちゃん)

代理母候補を決めるときに、ジプシーさんは高齢すぎ、
キキさん、チャッピーさんは子育て中なのでダメとのことで、
第一候補がジュリーさん、第二候補がミンピーちゃんだったとのこと。
もしもミンピーちゃんだったらどうなっていたのか、気になります。

お母さんの育児を見ているので、
もしかしたら、育てられたかもしれませんが、
チャッピーさんが受け入れなかったかもしれません。

ジュリーさんが「コドモ好き」でよかったのですが、
過去に衝撃的な事件(?)があったそうでビックリしました(^^)。

ジュリーさんはコドモが好きすぎて、
2歳のリキ君を「お持ち帰り」してしまったそうです。

講演4のときは開始からすでに時間が押してしまっていたので、
このあたりはあまり詳しく話されなかったのですが、
キキさんの反応や、どうやってリキ君を返したのかなど、
もっと詳しく聞きたかったです。

私はそれほど頻繁に多摩へ行っているわけではないので、
それまでジプシーさん以外とは距離をとっていたジュリーさんが、
リキ君と遊んでいるところを初めて見たのは2015年1月でした。

2015年1月のブログ記事はこちら

「お持ち帰り事件」は2015年5月とのことなので、
この後の出来事だったのですね(^^)。

それにしても、リキ君は、
バレンタインさんとチェリアちゃんが
多摩のメンバーと同居できるようになったことにも
とても大きな役割を果たしているんだと
改めてわかりました。

昨年放送されたNHKのドキュメンタリー番組、
「こんにちは!動物の赤ちゃん 10周年スペシャル」でも、
チェリアちゃんを他の個体と同居させたときの映像が流れましたが、
リキ君がチェリアちゃんにちょっかいを出したから、
チェリアちゃんはジュリーさんの懐に逃げ込み、
「抱っこ」が実現できたのでした。

そして今では、バレンタインさんの「お友達」でもあるリキ君。

ジプシーさんはリキ君が大好きで、何をされても受け入れていました。
ジプシーさんを観察しながら育ってきたリキ君が、
これからどんな風に成長していくのか楽しみです。

多摩に来た当初はぎこちない動きだったチェリアちゃんが、
今ではすっかりオランウータンらしい動きになっている動画も
見せていただきました。

この日は午前中にジュリーさんとチェリアちゃんは放飼場に出ておらず、
2頭を見ることができなかったのが残念。
次に行くときには、きっともっともっと成長していることでしょう。

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

皆既月食

天気予報は「くもり」でしたが、雲がない時間がけっこうありましたね!
家のベランダからでも見られたので、ラッキーでした(^^)。

Dsc_1668


Dsc_1684

肉眼ではもっと赤っぽく見えましたが、
いつも動物を撮影している望遠レンズが役に立ちました♪

| | コメント (0)

2018年1月26日 (金)

また悲しいお知らせ ゾウの訃報 

昨年からアジアゾウの訃報が続いています。

豊橋総合動植物公園でリハビリを続けていたマーラちゃんが
2017年8月13日に他界。
(死因は腸ねん転と推定)
2011年9月に誕生しましたが人工哺育となり、
2013年1月に骨折後、懸命なリハビリが続けられていました。
(ブログ内関連記事はこちら

そして、マーラちゃんの弟で、
2016年10月に市原ぞうの国で誕生したラージャ元気くんが
2017年12月14日に心不全のため急死。

人工哺育の成功例になれるかも…と注目していましたが、
産経ニュース(2017年12月16日)には
「生まれつき心臓に病気を抱えていたことが分かった」と書かれていたので
高齢出産で難産だったことなども関係しているのかもしれません。

そして昨日、1970年から天王寺動物園で飼育されていた
推定48歳のラニー博子さんが他界。
国内で4番目に高齢のアジアゾウでした。

公式ブログなどによると、以前から肢に膿が溜まりやすくなっていて
治療を続けていたそうです。
昨年の夏ごろからは両前肢の化膿が進んで歩行にも支障をきたし、
1月23日から展示場に出なくなり、
1月24日には起立不能になり、1月25日に死亡したとのこと。

2014年に春子さんが他界してからは1頭になってしまいましたが、
自分のペースで穏やかに暮らしているように見えました。

Photo
ラニー博子さん(2015年4月に撮影)

2015年のブログ記事はこちら

ラニー博子さんと春子さんのバトルに関する2013年のブログ記事はこちら

さらに、沖縄こどもの国で2015年3月に誕生した琉美ちゃんが
2018年1月23日に急死していたことも、公式Facebookで知りました。

「沖縄タイムス」などによると解剖しても死因は特定できなかったので、
専門機関に依頼し、2~3カ月かけて死因を調べるとのこと。

琉美ちゃんに関しては、ずっと気になっていることがありました。

琉人くんと琉花さん(RahulとDevi)の来日について書かれた
「The Telegraph India」(2007年11月29日付)の記事にあったこの1文です。

The two have the same father, a tusker named Nilkanto, but different mothers.

探してみてもこの情報が書かれているのはこの記事だけだったので
真偽はわからないのですが、
もし本当なら、死因と関係があるのかもしれません。

2014年7月に書いたブログ内関連記事はこちら

来日や誕生、そして死への経緯はそれぞれ違いますが、
人間が学ばなければならないことをたくさん教えてくれたと思います。
というか、学ばなければ、
何のために動物園があるのかわかりません。

学びがないまま飼育が続けられていたら、
動物園へ行っても、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

ゾウがいなくなった天王寺動物園は、今後どう動くのでしょうか・・・。


| | コメント (0)

2018年1月24日 (水)

六花亭の期間限定品

いろいろと立て込んでいると、
美味しいおやつが食べたくなりますね(^^)。

去年の1月に函館へ行ったとき、
初めて知った六花亭の「じゃがパイ トヨシロ」。
(2017年1月のブログ記事はこちら

1月しか販売されていないようで、
デパートの催事などでも販売されないので、
1月に北海道へ行かないと買うことができません。

実は去年も、旅行後にどうしてももう一度食べたくなって
1月中に六花亭のオンラインショップで買いました(^^)。

そして今年も、買いました。

Img_0271
「じゃがパイ トヨシロ」のネット販売は、
「お届け期間」が1月31日までです。
道外からの注文はお早めに!

バラで変えるので、数を何個ずつにするか悩みました。
トヨシロをたくさん買いたいところですが、
日持ちが「2日間」なのです・・・。

というわけで、日持ちするものを多めに
ほかのもいろいろ買ってみました。

全部美味しいのですが、今回買った中で私のベスト3は、
「じゃがパイ トヨシロ」「玉がしわ」「おかげさま」でした。

オンラインショップで販売されている商品が
1月でも、上旬・中旬・下旬と、微妙に違っていました。
去年注文したものがなかったり、
「あれ? 昨日はなかったのに」という商品が増えていたり。

今年は1月中旬に注文しましたが、
下旬の方が充実している印象なので、
来年は下旬に注文しようと思っています(^^)。

| | コメント (0)

2018年1月 3日 (水)

ガレット・デ・ロワ 2018

今年もPAULのガレット・デ・ロワを食べました♪

Photo
(1/6 516円)

毎年思うのですが、1/6はけっこう大きいです。
そして年々、少しずつ値上がりしています…。

Photo_2

一度、スカスカの年がありガッカリしましたが、
今年も中身はしっかり入ってしました。

そして、スーパーで見かけたフジパンのも買ってみました♪

Img_0258
100円(税別)

パイ生地しっとりタイプでしたが、雰囲気は出ていました(^^)。

Img_0259

フェーブやアーモンドは、
ホールサイズをカットしたもののどれかに入っていて
当たったら王様!っていうのがガレット・デ・ロワの楽しみですが、
カットしたもののどこかに入っているって、意味があるのかな(笑)???


| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

「第8回 ポスカ! みんなのはがき展」開催中!

愛媛県松山市の柳原郵便局にて開催中の
「第8回 ポスカ! みんなのはがき展」に、
写真カードで3枚、参加させていただいています!

Posca_2


違う会場ですが、第4回を取材した記事(SPICE)はこちら




「第8回 ポスカ! みんなのはがき展」

会期:2017年12月12日(火)~2018年1月12日(金)
    9:00~17:00(土日祝休み)
会場:柳原郵便局ギャラリー(愛媛県松山市府中156)
(ポスカ展公式Facebookはこちら


Photo_10


| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

ズーラシアの自販機 アフリカのサバンナ

サバンナテラスの横にある自販機コーナーでは、
飲み物のほか、こんなものも売っています。

Img_0237


Img_0235

カイロ、紙おむつ、ウエットティッシュ、
レインコート、絆創膏、レジャーシートなど、
持ってくるのを忘れちゃったときや、
使い切って足りなくなったときなどに便利ですね。

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

ズーラシアのチンパンジー

この日もあまり時間がなかったのですが、
5月に生まれたハルちゃんを見ることができました!

Dsc_1394

Dsc_1397
なんだか楽しそう♪

Dsc_1412
お母さんのサチコさんは1977年生まれ(推定)とのこと。

2015年4月13日の公式ブログに、
サチコさんは「6回出産している」とあったので、
ハルちゃんで7回目ということでしょうか。

ベテランお母さんの「余裕」が感じられました(^^)。

| | コメント (0)

2017年11月21日 (火)

ズーラシアのセスジキノボリカンガルー

9月~11月の「飼育係のとっておきタイム」に
セスジキノボリカンガルー(14:00~)が入っていますが、
いつものアマゾンセンター(ワリさん)ではなく
屋外展示場(タニさんかモアラ君)で開催されています。

タニさんやモアラ君のとっておきタイムは見たことがなかったので、
ぜひ見たいと思っていました。

Dsc_1574
この日はモアラ君でした。

Dsc_1584

Dsc_1593

とっておきタイムの前に、すでに葉っぱを完食。

Dsc_1599

Dsc_1606


飼育員さんが展示場の中に入っておやつをあげていて、
「早くおやつをちょうだい!」という感じで、
飼育員さんに接近しておねだりする様子が
とてもかわいかったです(^^)。

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

ズーラシアのヤブイヌ

ズーラシアの公式ブログで気になっていた
「どすえ」と「フランシス」。

出ている個体名が掲示されていないので
違うかもしれませんが、たぶんこの2頭が
「どすえ」と「フランシス」だと思います。

Dsc_1311

Dsc_1318
寝ながら手(足)をつないでいます(^^)。

Dsc_1335

Dsc_1344

「どすえ」ってすごいインパクトのある名前ですが、
2014年3月に京都市動物園から来園したのですね。
(ブリーディングローンで京都へ行った両親から誕生)

京ことばの「~どすえ」から付けられたようですが、
「どすえ」を名前にしちゃうってスゴいな。

この場所は日当たりがよく、ずっと寝ていましたが
寝相がいろいろ変わるので面白かったです(^^)。


| | コメント (0)

«ズーラシア アジアの熱帯林ゾーン 11月27日から全面封鎖