2017年2月15日 (水)

特別展「春日大社 千年の至宝」

「金地螺鈿毛抜形太刀」が見たくて、
東京国立博物館へ行ってきました!

Img_9066

特別展自体は3月12日までですが、
「金地螺鈿毛抜形太刀」は2月19日までの展示です。
間に合ってよかった(^^)。

蒔絵箏が2月12日から展示されていて、
国宝の甲冑が4領揃うのも14日~19日までの6日間だけなので、
19日までは特に混雑しそうですね。

今日は、午後から行きましたがかなりの混雑でした。
「コインロッカーは1Fも2Fもいっぱいです」と言っていたので、
入れたい人はご注意ください。
本館のロッカーは空いていたので、そちらに入れてから
平成館へ行くという手もあるかもしれません。

絵巻のところが一番動きが遅かったですが、
「金地螺鈿毛抜形太刀」は表と裏の両方を
けっこうじっくり見ることができました!

ここだけ、何度も見ました(^^)。

メッキではなく、ほぼ純金だったことが最近わかりましたが、
平安時代のものがあの状態で残っているのがスゴいですし、
猫と雀のモチーフはホントに素敵なので、
どんな人が作ったんでしょうね(^^)。

「金地螺鈿毛抜形太刀」は第1会場の後半にあり、
記念撮影コーナーは、第2会場の途中にあります。
ちなみに、甲冑は記念撮影コーナーの近くです。

Img_9071
撮影OKの釣灯籠。

公式サイトのグッズには書かれていませんが、
国宝殿のオープンに合わせて若手学芸員が考案して、
去年の10月から販売しているという春日大社のグッズも
少しだけありました。

Img_9077

「金地螺鈿毛抜形太刀」をモチーフにしたポストカード(写真上)が数種類のほか、
この猫ちゃんのクリアファイルがありました。

猫の柄が「KASUGA」になっています(^^)。

全体的に混雑していて、あまりゆっくりは見られませんでしたが、
「金地螺鈿毛抜形太刀」見られただけでも満足です♪

| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

美味安心の「国産きなこ大豆」と「こんがり カシューナッツ」

また急ぎの原稿を書いているのですが、
編集さんオススメのこの2品、
「ちょっと休憩」と思って食べ始めたら、
美味しくて、止まりませんでした・・・。

Img_9065
美味安心の「国産きなこ大豆」と「こんがり カシューナッツ」

「小さい袋じゃ、足りないよ♪」と言われたのですが、
本当に、袋の方はあっという間になくなりました。

美味安心は、去年の11月に「カンブリア宮殿」で
紹介されていましたね。

きなこ大豆の方は、きな粉も大豆も国産で
遺伝子組換えでないものが使われています。

カシューナッツの方は、唐辛子が入っていて
ピリっとした辛みがほんの少しありますが、
辛いものが苦手な私でもほとんど気にならない程度です。

地元のスーパーでは扱っていないのが残念。

でも、食べ始めたら止める自信がないので、
大きい方を開けるのがコワイです(^^)。

| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

「フォンデリア デル カカオ」のチョコ

先日、日本橋方面に用事があったので、
帰りに三越の「スイーツコレクション2017」を見てきました。

気軽に買えるようなものはほとんどなかったのですが、
見たことのなかったお店が出店していたので、買ってみました!

Img_9058
イタリア「フォンデリア デル カカオ(Fonderia del Cacao)」の
タブレットヴィーガン(70%)チョコレート。

乳製品不使用、エクアドルのアリバカカオを原料にした
Bean to Bar製法によるチョコレートとのこと。
ヴィーガン(完全菜食)のチョコは、初めて見ました。

食べてみましたが、私の好みにツボでした!

ちょうど今、急ぎの原稿を書いているのですが、
頭の中がドロドロ(?)してきたときにちょびっと食べると、
いい感じで復活できます(^^)。

これはストックしておきたい・・・。

今のところ日本にお店はなくて、
バレンタインフェアやイタリアフェアなど、
デパートの催事で販売しているそうです。

今年のバレンタインフェアは、日本橋の三越と梅田の阪急のみとのこと。

14日までに日本橋へ行けるかわからないので、
オンラインストアで注文しちゃいました(^^)。
阪急なら、まだ買えます!(2月9日まで)

Img_9059
白砂糖じゃないのも嬉しい♪

Img_9061
(日本語シールをはがしてみました)

オーガニック、グルテンフリーなど、
いろいろ気を使っている人へのプレゼントにもよさそうですね。

カカオ100%~0%まであって、
三越の会場ではお店の方がとても感じよくて、
試食もいろいろさせていただきました♪

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

ヒツジ愛用の枕? 滝沢牧場

去年の5月に行った滝沢牧場についての記事を
まだ書いていなかったので、今更ですが・・・。

この時は、諏訪方面に用事があり、
そのまま帰るのももったいないと思って、
帰りに「滝沢牧場」に寄りました。

長野~山梨で、駅から近い牧場を探したところ、
だいたい車がないと行けない感じだったのですが、
「滝沢牧場」なら歩けるかな~という距離でした。

Img_8432
最寄り駅は、JR線では最高標高にある野辺山駅。

ちょうどお昼時だったので、駅の近くにある
「Take out cafe カントリー」でランチを食べました。
(冬季は休業)

Img_8417
ホットサンド2種類(各250円)。

どれも250円というお安さで、味もボリュームも◎。
この日は朝が早くてお腹が空いていたので
2種類注文してしまいましたが、
どちらもとても美味しかったです!

食べたものをメモしてなかったのですが、ローストチキンのと、
地元の方オススメのバジルトマトだったと思います。

テイクアウトが基本ですが、椅子とテーブルがいくつかあり、
その場(屋外)で食べることもできます。

味も美味しいですが、お店の方がとても感じよくて、
常連さんたちとの会話もよい雰囲気。

「滝沢牧場へ徒歩で行く」と言ったら、
徒歩で行く人はほとんどいないようで驚かれましたが(笑)、
行き方を教えてくださり、地図までいただきました。

Img_8424_2

いくつか道があり、行きはちょっと遠回りしてしまったようですが、
とてものんびり。

Img_8423
「農耕車に注意」という標識もありました!

Img_8428

20分ぐらいで着いたと思います。

馬、ヒツジ、ヤギなどがいて、
キャンプ場やアスレチックなどがあり、
家族旅行や学校の行事などで来ている子どもが多かったです。

この日はこの地域でも異例の暑さで、
暑さのせいか、ヒツジたちはほとんどずっと寝ていました。

Dsc_6130
特にこのヒツジさん、この石を枕にしてずっと寝ていたのですが、
ヒンヤリして気持ちいいのか、やはり枕としてちょうどいいのか、
気になります(^^)。


Dsc_6105

こちらのヤギさんは、自分の体を枕にしていました。

動物も枕があるとラクなのかな~???
動物と枕に関する研究をしてみたい(^^)。

↓ここのヒツジさんや、枕を使いこなすカンガルー豆蔵君が登場します!

| | コメント (0)

2017年1月31日 (火)

ズーラシアのモウコノロバ

この日はかなり気温が上がるという予報だったので、
防寒レベルを下げて出かけたら、
思ったより気温が上がらず、函館でのお猿観察より寒く感じました。

なので、早めに帰ろうと出口へ向かいましたが、
ちょうど「飼育係のとっておきタイム」(13:30~)が始まる頃に
モウコノロバのあたりを通りかかったので、
聞いてから帰ることにしました。

アフリカのサバンナまで行く日だと、
この時間にこのあたりにはいないことが多いので、
よい機会になりました♪

Photo
けっこう高齢のミンミンさん(オス)。
1頭のみの飼育です。

モウコノロバは、「蒙古野ロバ」であり、
「蒙古のロバ」ではない・・・という説明から、
国内ではズーラシアにしかいない、
中国で名付けられたので「明明」と書いて「ミンミン」など、
いろいろなお話が聞けました。

Photo_2
国内でズーラシアだけということは、
このミンミンさんだけということですね。

帰宅して調べたら、もともとは、野毛山動物園にいたようです。

Photo_3

お話を聞いている間に、いつのまにか・・・、出ていました・・・。

飼育員さんによると、おしっこをする前か、
リラックスしているときに出てくるそうで、
このときには、おしっこをしなかったので
リラックスしていたと思われます。

少ししたら、何事もなかったかのように引っ込みました・・・。

Photo_4

そして、あくびをするミンミンさん。

モウコノロバの「飼育係のとっておきタイム」は、
2月末まで13:30~開催されています。

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

ズーラシアのボウシテナガザル

11時からはボウシテナガザルの
「飼育係のとっておきタイム」を聞きました。

ボウシテナガザルは、オスが黒、メスが白っぽい毛色なので、
見た目ですぐわかります。
オスとメスはローテーションで出しているそうなのですが、
私は、去年まで黒い個体しか見たことがありませんでした。
しかも、とっておきタイムで名前がわかるときは、
かなりの確率でラシット君でした。

Photo_6
たぶんラシット君(2015年12月に撮影)

去年の3月に、初めてメスの個体が見られたのですが、
その話は後ほど。

Photo
この日の当番は「しまこ」さん。
ローテーションのタイミングがなかなか合わず、
初めて会えました♪

しまこさん、動きが少しコミカルで、
横木(?)の上をとっとっとと歩く感じとかが
ちょっと他の個体と違う印象。

人工哺育だったようなので、そのせいかな?
(2005年に人工授精で誕生)

Photo_2
足の指をなめるクセがあります。

Photo_7

しまこさん、とてもチャーミング♪


メスはほかに、
高齢(50歳近い)の「りつ子」さんという個体もいると話していたので、
帰宅して調べてみたら、
りつ子さんは、栗林公園が閉園したとき、
ズーラシアへ来たようですね。

冬は若手が出ていることが多いようですし、
りつ子さんに会える確率はかなり低いようです。

私が初めて見たメスの個体は、やはり高齢のマキコさんでした。
マキコさんの移動に関連した話が聞けるかな~と思ったのですが、
その話は出ませんでした。

Photo_4
マキコさん(2016年3月に撮影)
マキコさんは、しまこさんのお母さんとのこと。
なんとなく、マダム感があります(^^)。

とべ動物園のサイトに、
「マキコさんがズーラシアからやってきた」という紹介があったので、
12月に移動になったようです。

マキコさんは「あっちゃん」というオス(18才)と
ペアになる準備をしていると書かれていました。
高齢なので繁殖を目指すわけではないそうですが、
野生ではペアが基本なので、ペアにするようです。

とべ動物園のサイトには、
繁殖のために他園と協力する必要があり、
マキコさんがとべへ移動になったことにより、
ズーラシアでは新たな繁殖計画が立てられるようになった、
と書かれていました。

では、ズーラシアには誰が来たのか?と
気になったので調べてみたら、
日本モンキーセンターのサイトに、
「コーリーが12月9日にズーラシアへ移動となった」とありました。

慣れたら、コーリーさんも見られるのかな?

モンキーセンターのサイトによると、
ボウシテナガザルは、日本全体で3園に14頭がいるだけとのこと。

とっておきタイムでは、ズーラシアには6頭のボウシテナガザルがいると
言っていたと思いますが、
最近見たのは、しまこさん、ラシット君、ゴピット君。
お話に出てきた、りつ子さんと、モンキーセンターから来たコーリーさん。
あと1頭は誰でしょう?

かなり前(2012年)に、ゴマ君(たぶん)という個体を見たことがありますが、
移動になっていなければ、ゴマ君なのかな?

今年はボウシテナガザルを、ぜひコンプリートしたいです♪

Photo_3
たぶんゴピット君(2016年3月に撮影)


Photo_5
マキコさんとゴピット君(たぶん)のツーショット(2016年3月に撮影)


| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

ズーラシアのフランソワルトン

やっとフランソワルトンの赤ちゃんを見に、
ズーラシアへ行ってきました!

前日入稿の原稿があったので、
ちょっとヘロヘロだったのですが、
「冬季限定!わくわく裏側ウォッチング」にも参加したくて、
がんばって早起きして行ってきました。

しかし・・・

いつもより早いバスで行って、開園10分前には着いたと思いますが、
すでに定員になっていて、参加できませんでした。残念!

1月の裏側はどちらも見たかったので
どちらでもよかったのですが、
どちらもけっこう早い時点で定員に達していたようです。

2年前に行ったときは間に合ったのに・・・と思って
ブログをさかのぼってみたら、
その日は午後から雨の予報が出ていたから
人が少なかったのでした・・・。

今日はお天気もよかったので、もっと早く行かないとダメでしたね。

そんなわけで「裏側・・・」には参加できませんでしたが、
フランソワルトンの赤ちゃん「トントン」は見ることができました♪

Photo
まだオレンジでした!よかった(^^)。

Photo_2
大人たちにしっかりガードされていて、
なかなか見られない時間帯もありましたが、
粘っていたら顔を出してくれました。

Photo_3

体はこんな感じ。

Photo_4

今日は暖かくなるという予報だったのですが、
思ったより寒くて、5頭はフランソワ団子を作って温めあっていました。

団子のセンターに赤ちゃんがいる間に来た人たちは、
「赤ちゃん、いないね~」「もう黒くなっちゃったんじゃないの?」
などと言って通り過ぎていきました。

一方、ちょうどよいタイミングで、赤ちゃんが出てきていて、
ぴょんぴょんと跳ねたりしているところを見られた人たちからは、
「カワイイ~♪」と歓声が上がっていました。

この差は、「運」なのでしょうかね(^^)。

この日は、開園直後から出ていましたが、
展示は「11:00~14:00」と書かれていました。

フランソワ団子になっているときは真っ黒で、
何頭いるのかよくわからず、皆さん、2頭? 3頭?などと言っていて、
5頭いるとは思っていないようでした。

赤ちゃんがいるこちらのグループは、
メス3頭(チョコ、ココア、ショコラ)とオス2頭(タンタン、トントン)の5頭。

トントンが生まれたという説明と、
2015年に生まれたココアに関する説明もまだ残っていたので、
皆さん混乱しているようでした。

まだ子どものココアがトントンを抱っこしたがって、
ショコラ母さんから奪い取って行く様子なども見られ、
おサルのお兄ちゃん、お姉ちゃんは(ココアは叔母ですが)、
やっぱりみんな、赤ちゃんのお世話をしたがるんですね~。
旭山のテナガザルも怖かったです(汗)。
(そのときの記事はこちら

ちょっと複雑な家族構成については、過去記事(こちら)に書いてあります。

以前「SPICE」で書いたフランソワルトンに関するコラムはこちら
名前の由来など、書いています♪




| | コメント (0)

2017年1月28日 (土)

オールナイトニッポンオーディション 2017

現在、「オールナイトニッポン」パーソナリティオーディションが開催中です。

PrimeSeat「Nightingale」のパーソナリティーを務めてくださっている
後藤沙織さんも参加されています!

PR動画はこちら


後藤さんについて知りたい方は、ぜひこちらのインタビュー記事も
チェックしてみてください!
「SPICE」のインタビュー記事はこちら


| | コメント (0)

2017年1月27日 (金)

函館空港

たくさん歩いて疲れてしまったので、
駅に戻る予定を変更して
早めに空港へ向かいました。

空港へ行くシャトルバスは、
ベイエリアなどからも乗れるので、
やはり、「はこだて手ぶら観光」を利用してよかったです。

函館空港はそれほど広くありませんが、
お土産物はけっこう充実しています。

同じものが複数のお店で売られていますが、
「ポルックス」は一番サイズなどが豊富で、
例えば「きのとや」の札幌農学校は3枚入りも扱っていました。

それぞれのレジを間違えないように、
店名が書かれたシールが貼られています。

Img_9050
(ソラチの札幌スープカレーの素 4食入り 540円)

函館駅前の「棒二森屋」で見かけて後で買おうと思っていたのに、
結局駅に戻らなかったのですが、空港にもありました!

これも、「ポルックス」では2食入りのも扱っていました。

先日作ってみましたが、簡単でしたし、美味しくできました♪
もっと買えばよかった・・・。

Img_9049

箱に、「※具材は入っておりません」
「※シェフも入っておりません」と書いてあるのが面白い(^^)。

お弁当を買おうと思ったのですが、
1Fのカペラに少しおにぎりなどがあった程度で
見当たりません。

ガラス越しに搭乗待合室内の「ポルックス」が見えて、
「空弁」と書かれていたので、中で売っているようです。
しかし、何が売っているかはわかりません。

夕方だったので、売り切れている可能性もありましたが、
レストランなどで食べたいものもなかったので、
1Fで「はこだて手ぶら観光」の荷物を受け取って、
搭乗待合室へ向かいました。

お弁当類はわりと数は残っていて、
大半が半額になっていました!

同じものがいくつも残ってる感じで、
種類はあまりありませんでした。
目に入ったのは、「すきやき弁当」や
「函館御前」だったかな?幕の内的なものなど。

しかし半額の除外品もあり、私が食べたかったものは
その除外品でした。残念。

Img_9042
(ヒレカツサンド 650円)

「函館 とんき」大門店が駅の近くにあり、
空港へ行く前に寄ろうと思っていたのですが、
疲れてしまって寄らずに空港に来たので、
1つだけ残っていてラッキーでした。

Img_9040
冷蔵ケースにあったのでちょっと躊躇しましたが、
お弁当類はレンジで温めてもらえるとのことなので買ってみました。

一度冷やしたものをレンジでチンなので、
美味しさは半減していると思いますが、
お肉が柔らかくて美味しかったです♪
でもやはり、出来たてを食べてみたかった。。。

| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

函館の街&ラッキーピエロ その2

2日目は、函館の街をかなり歩きましたが、
まずは、再び熱帯植物園へ行きました。
(熱帯植物園の記事はこちら

普通は2回も行かないと思いますが、
雪の影響もあるかと予備日として午前中を空けておいたので、
開園直後だと様子が違うのかを見に行ってみました(^^)。

函館駅からだと96系統のほか、6系統でも行けるので、
9:07発の6系統に乗るとちょうど開園時間ぐらいに着けます。

開園直後でも、午後と様子は同じで、
すでに温泉まったりモードでしたが、観察は楽しめました。

その後、またバスで函館駅へ戻りましたが、
函館駅行きのバスは、午前中だと1時間に1~2本です。

ランチは、またまたラッキーピエロ(^^)。
函館でしか食べられないとなると、リピートせずにはいられません!
この日は、駅前店。

公式サイトに「棒二森屋 本館1F」とありますが、
入口が市電の通っている道に面していなくて、
建物の裏側にあってちょっと迷ってしまいました。

Img_9003
「土方歳三ホタテバーガー」(380円)

駅前店は、それほど広くない割に、
お客さんは多くてお昼時には満席。

平日の12時少し過ぎた頃に行ったら、席待ち2組目と言われましが、
それほど待たずに席が空きました。

お客さんは、見た感じ9割ぐらい外国人観光客。
その方たちは、ほぼ全員、
チャイニーズチキンバーガーのセットを食べていました。
ポテトと冷たいウーロン茶が付いてお得です。

私もリピートしたい気持ちもあったり、
人気№2や№3とも迷いましたが、
東京では食べられないと思われる「ホタテ」にしました。

ホタテはかなり大きくて、美味しかった!
これもボリュームあったので、
ポテトを注文しなくてよかったです。

お隣で地元の方と思われる男性がオムライスを食べていましたが、
かなり大きくてビックリしました。
あれを完食する自信はありません・・・。

その後、「はこだて自由市場」を見たり、隣にある函館中央郵便局で
風景印を押してもらって、ハガキを出しました。

Img_9044

ポストカードは、五稜郭タワーのチケットを買うときに、
市バス・市電2日乗車券を見せるともらえたものなので、
裏も表も五稜郭です♪

そのまま持って帰ることもできるようですが、
せっかくなので送ったら、
お昼過ぎていましたが、翌日には家(関東)に到着しました!
意外と早くてビックリ。

そして、市電でベイエリア方面へ移動。

赤レンガ倉庫「BAYはこだて」などを見てまわり、
「プティ・メルヴィーユ」でメルチーズをゲット。
カフェも併設していて、
メルチーズと飲み物のセットなどもあるようです。

Img_9032
メルチーズ(プレーン、生キャラメル風味、パンプキン 各160円)

こちらでは、バラでも購入できますが、
空港店では、バラはなく、箱のセットもプレーンのみか、
プレーン&パンプキンしかないそうです。
(2017年1月の情報)

「スナッフルス」のチーズオムレットと食べ比べた感じは、
オムレットの方がふんわり感があり、
メルチーズの方がチーズが濃いめで、「生」感があったような気がします。
(同時に食べていないので、定かではありませんが)

個人的には、メルチーズの生キャラメル風味が美味しかったので、
生キャラメル風味も買ってみてよかったです。

ただ、こういった「とろける系」は、本当に一瞬でとろけてしまって、
なんだか食べた気がしないので、
私はもっと食べ応えのあるものの方が好きです(^^)。

Img_9046
同じく「BAYはこだて」で買ったハンカチ(烏賊墨染工房)。
なんと、セピア色の部分はイカスミで染めているんだそうです!

手ぬぐいとか巾着とか、いろいろありました。

Img_9029

「幸せの鐘」のあたりから続く石畳に
ハートの石があるらしいのですが、
雪に埋まっていて全く探せませんでした。

Img_9034
人気の撮影スポット。
皆さんここをバックに写真を撮っていたので、
人がいなくなるまでけっこう待ちました。

そして、徒歩で教会方面へ移動。

Img_9027
五稜郭が描かれたマンホールのフタ。

Img_9036
イカもカワイイ♪

どちらもカラーバージョンがあるそうですが、
やはり雪が多すぎて、探すどころではありませんでした。

Img_9009
こちらは、ペリーさん。

Img_9022
函館ハリストス正教会。

Img_9018
八幡坂。
夜より昼の方が好きです♪


ちなみに、「棒二森屋(ぼうにもりや)」という響きが
なんだか好きなんですが、棒二森屋の公式サイトを見ると、
「Boni-moriya 棒二森屋店」と書いてあります。

「棒二森屋」が店名なのかと思っていましたが、
○○店ということは、場所の名前なのか?と
ものすごく気になってしまいました(笑)。

函館空港のサイトには、「棒二森屋 函館空港店」と
書かれているので、場所の名前ではない感じです。
ならば、なぜ○○店となっているのか???

これ、もし、お店紹介の原稿だったら、
「店」までが正式名称なのかどうなのか、
ちゃんと調べないとダメなので、職業病です(^^)。

とりあえず公式サイトを見ると、
「株式会社 中合」の店舗として「棒二森屋店」とあり、
沿革によると中合が「棒二森屋店」を統合したようなので
そのまま名前を残しているということなのかな。
では、「○○店」はどこから来たのか???

以下は出典まで調べていないので確かではありませんが、
「金森森屋百貨店」と「棒二萩野商店」が合併して
「棒二森屋」となったそうです。

それなら「棒二森屋百貨店」とかでもよさそうですが、
なぜ、「店」だけ残して「棒二森屋店」なんだろう???

そして、「棒二森屋店」が正式名称なら、
空港のお店は「棒二森屋店 函館空港店」で、
ラッキーピエロも「棒二森屋店 本館1F」と書くと思うのですが、
なぜ違うんだろう???

いろいろ謎が残りますが、今回は仕事ではないので、
この辺でやめておきましょう(^^)。


| | コメント (0)

«夜のベイエリア散策&ハセストの「やきとり弁当」