2017年12月12日 (火)

「第8回 ポスカ! みんなのはがき展」開催中!

愛媛県松山市の柳原郵便局にて開催中の
「第8回 ポスカ! みんなのはがき展」に、
写真カードで3枚、参加させていただいています!

Posca_2


違う会場ですが、第4回を取材した記事(SPICE)はこちら




「第8回 ポスカ! みんなのはがき展」

会期:2017年12月12日(火)~2018年1月12日(金)
    9:00~17:00(土日祝休み)
会場:柳原郵便局ギャラリー(愛媛県松山市府中156)
(ポスカ展公式Facebookはこちら


Photo_10


| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

ズーラシアの自販機 アフリカのサバンナ

サバンナテラスの横にある自販機コーナーでは、
飲み物のほか、こんなものも売っています。

Img_0237


Img_0235

カイロ、紙おむつ、ウエットティッシュ、
レインコート、絆創膏、レジャーシートなど、
持ってくるのを忘れちゃったときや、
使い切って足りなくなったときなどに便利ですね。

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

ズーラシアのチンパンジー

この日もあまり時間がなかったのですが、
5月に生まれたハルちゃんを見ることができました!

Dsc_1394

Dsc_1397
なんだか楽しそう♪

Dsc_1412
お母さんのサチコさんは1977年生まれ(推定)とのこと。

2015年4月13日の公式ブログに、
サチコさんは「6回出産している」とあったので、
ハルちゃんで7回目ということでしょうか。

ベテランお母さんの「余裕」が感じられました(^^)。

| | コメント (0)

2017年11月21日 (火)

ズーラシアのセスジキノボリカンガルー

9月~11月の「飼育係のとっておきタイム」に
セスジキノボリカンガルー(14:00~)が入っていますが、
いつものアマゾンセンター(ワリさん)ではなく
屋外展示場(タニさんかモアラ君)で開催されています。

タニさんやモアラ君のとっておきタイムは見たことがなかったので、
ぜひ見たいと思っていました。

Dsc_1574
この日はモアラ君でした。

Dsc_1584

Dsc_1593

とっておきタイムの前に、すでに葉っぱを完食。

Dsc_1599

Dsc_1606


飼育員さんが展示場の中に入っておやつをあげていて、
「早くおやつをちょうだい!」という感じで、
飼育員さんに接近しておねだりする様子が
とてもかわいかったです(^^)。

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

ズーラシアのヤブイヌ

ズーラシアの公式ブログで気になっていた
「どすえ」と「フランシス」。

出ている個体名が掲示されていないので
違うかもしれませんが、たぶんこの2頭が
「どすえ」と「フランシス」だと思います。

Dsc_1311

Dsc_1318
寝ながら手(足)をつないでいます(^^)。

Dsc_1335

Dsc_1344

「どすえ」ってすごいインパクトのある名前ですが、
2014年3月に京都市動物園から来園したのですね。
(ブリーディングローンで京都へ行った両親から誕生)

京ことばの「~どすえ」から付けられたようですが、
「どすえ」を名前にしちゃうってスゴいな。

この場所は日当たりがよく、ずっと寝ていましたが
寝相がいろいろ変わるので面白かったです(^^)。


| | コメント (0)

2017年11月17日 (金)

ズーラシア アジアの熱帯林ゾーン 11月27日から全面封鎖

11月27日から園路改修工事のため、
アジアの熱帯林ゾーンが一時封鎖されるとのことで、
その前にちょこっと行ってきました。

全面封鎖 11/27(月)~12/22(金)予定
(インドゾウ~インドライオン)

Dsc_1250
ラスクマル君とシュリーさんにも、しばらく会えなくなります。

工事中は通り抜けできないので、
園内の観覧は、「みんなのはらっぱ」の方から回ることに。

さらに、1月9日から、再びアジアの熱帯林ゾーンの一部を封鎖。

一部封鎖 1/9(火)~2/6(火)予定
(ボルネオオランウータン~ウンピョウ)

Dsc_1253
冬休みの間は見られるようですが、また約1ヶ月会えません(>_<)。

「フレッシュネスバーガー ジャングルカフェ店」は
11/27~ 2/6(予定)お休み。

Dsc_1267
寒さが苦手なアカアシドゥクラングールは、
例年12月~2月まで非展示となるので、
11月27日~2月まで見られないと思います。

ちなみに、アフリカのサバンナゾーンで
ずっと非展示になっているアビシニアコロブスは、
3月末まで非展示の予定と書かれていました。
展示の環境がよくなるならよいのですが、ずいぶん長いですね・・・。

Dsc_1614

ころこロッジ前は、紅葉がキレイでした!


| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

多摩動物公園のユキヒョウ 赤ちゃん公開中!

日曜日だったのでユキヒョウは激混みとは思っていましたが、
またしばらく多摩には行けそうにないので
10月12日から公開されている赤ちゃんを見るために並びました。

親子の展示は11時半~13時半で、
数分(この日はたぶん3分)交替で見るという
チーターの赤ちゃんと同じ入れ替え制でした。

着いたときは少し時間が早かったので
まだ列はなかったのですが、動物慰霊碑に行ってから戻ると、
11時半を過ぎた頃にはすでに長蛇の列。

最後尾に並んで、見られるまでに30分ぐらいかかりました。

まず、網越しに見られるところで数分、
次にガラス越しで数分という2段階になっています。

室内への出入り自由になっているので、
見ている間に中へ入ってしまったりして撮影は苦戦しましたが、
見られただけでもよかったです(^^)。

Dsc_1085
6月2日に生まれたフク君。

東京ズーネットに、「これまで多摩で育ったコと比べると
成長が遅れぎみ」と書かれていましたが、
旭山で見たリヒト君は同じぐらいの時期でも、
やはりサイズもちょっと大きく、顔も大人っぽい感じでした。

リヒト君の記事はこちら

Dsc_1088

Dsc_1113

Dsc_1133
スリスリするミミさん(^^)。

Dsc_1141

このサイズの赤ちゃんが見たい方はお早めに!


| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

多摩動物公園のオランウータン チェリアちゃん

ジプシーさんのお話を聞く前に
ちらっと放飼場を見ましたが、
チェリアちゃんがとても活発に遊んでいました。

Dsc_1187
チェリアちゃん、すっかりオランウータンらしくなりましたね。

Dsc_1194
相変わらずリキ君が迫っていましたが・・・

Dsc_1199
なんとなく、チェリアちゃんの方が勝っていた感じ(^^)。

Dsc_1200

Dsc_1201

この日もあまり時間がなかったので、
次回こそ、またじっくりと観察したいです。

| | コメント (0)

2017年11月14日 (火)

「ありがとう!オランウータンのジプシー 映像とお話でふりかえる62年」

11月12日に多摩動物公園で開催された
「ありがとう!オランウータンのジプシー 
映像とお話でふりかえる62年」に参加しました。

貴重な写真や映像もたくさん見せていただき、
飼育員さんたちの思いがこもったステキな会でした。

最後に記念品(ポストカードor栞)までいただきましたが、
ジプシーさんの指紋を栞にするアイデア、
とてもステキだと思いました。

250人分ぐらいご用意いただき、
たぶんボランティアさんたちの力があってこそ
実現できたことだと思います。
作ってくださった皆様、ありがとうございました!!
大切にします。

最近は講演中の撮影禁止が多い中、
一部(他社提供のものなど)を除いて撮影OKとのことで、
そういったご配慮も、来場者のジプシーさんへの思いを
理解してくださっているのだと感じました。

Img_0174
古いアルバムをめくったときのような、ステキな写真♪

全身麻酔をかけることは苦渋の決断だっただろうと
ニュースで知ったときから思っていましたが
口の中の写真も見せてくださり、
かなり悪い状態だったこともわかりました。

ジプシーさんは、いつから痛みを我慢していたのか。
楽しそうにリキ君と遊んでいたときも、
実は痛かったのかもしれません。

飼育員さんによると、昨年の秋ごろから歯磨きを嫌がるようになり、
今年の8月初旬に口腔内に腫れと化膿を発見。

たびたび出血も見られるようになり、
抗生物質による治療を続けたものの、
しだいに固いものが食べられなくなり、
柔らかい、好きなものしか食べなくなってしまったそうです。

そして麻酔をかけて検査した結果、
「扁平上皮ガン」だったとのこと。

進行を抑えるためには、
左下顎を切除しなければならないほど悪くなっていたのです。

検査後、覚醒の段階で呼吸が止まり、
蘇生を試みたものの、目覚めることはありませんでした。

Img_0212

高齢だったこともあり、麻酔は弱めにしたようで、
効くまでに時間がかかったとのことで、
効くまでの間、飼育員さんが雑誌を見せていたそうです。

その雑誌も展示されていて、
ジプシーさんが特にチェックしていたものに
付箋をつけてくださっていました。

雑誌の画像は問題あるかもなので
アップしないでおきますが、
「このトレーナー すごくチェック」という付箋が指していたのは
KENZO タイガースウェット グリーン(たぶん2012年)。
KENZOの文字がオレンジです。

緑のトラ(^^)。
ジプシーさん、何がそんなに気になったのか?
着てみたかったのかな。

バッグの写真を何度も指でなぞったりもしていたそうで、
そんなふうに飼育員さんと楽しく雑誌を見ているうちに、
麻酔が効いてきてそのまま眠りについたなら、
きっと苦しむことはなかったのでしょう。

最期までファッション雑誌を楽しんでいたなんて、
さすがおしゃれなジプシーさんです。

Img_0228

ジプシーさんが愛用していた、赤いコップも展示されていました。

まだ、放飼場を見ると寂しい気持ちになってしまうので、
なかなか足が向かないのですが、これからも
ジプシーさんが残したものがどうやって受け継がれていくかを
見届けていきたいと思っています。






| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

多摩動物公園のオランウータン

先週、献花に行ったとき、
しばらくジプシーさんの写真などを見ていて
展示場に目を向けることができなかったのですが
室内の放飼場にはすごいメンバーが出ていました。

キキさん&リキ君、ジュリーさん&チェリアちゃん、
そして、なんとバレンタインさんが一緒に出ていたのです。

写真は撮らなかったのですが、
リキ君とバレンタインさんが一緒に遊んでいるところも
見られました。

「多摩動物公園 動物新聞10月号」にも
バレンタインさんのことが書かれていました。

当初はまわりのおとなたちは心配そうに見ていたそうですが、
2頭のペースにまかせたら、
今ではレスリングごっこなどもするようになり、
バレンタインさんは他のメンバーとも距離が近づいているようです。

11時半ごろになり、キキ&リキ親子がスカイウォークに行くと、
メンバーチェンジまでの少しの間、
室内にはジュリーさん、チェリアちゃん、バレンタインさんが残りました。

実の母と育ての母が一緒にいるなんて、ドキドキしちゃいました!

なんとなく、バレンタインさんの方が逃げ腰な感じに見えましたが、
距離を保って、何事もなくそれぞれお部屋に帰っていきました。

今後、この3頭がどう関わっていくのか気になりますね。

Dsc_0787
入れ替え中で誰もいない室内放飼場を
のぞき込んで見ているチャッピーさん。
ジプシーさんを探しているのかな、なんて想像してしまいます。

Dsc_0797
飛び地で野生化(?)していたキキさん。

なんとなく、みんな、時々、
寂しそうに見えたときがあったのですが、
それは、こちらがそう思っているからかもしれません。

Dsc_0875
ミンピーちゃんはジプシーさんのステキなところ、
たくさん受け継いでいると思います。

Dsc_0891
ジプシーさんにとって、「元気の源」だったリキ君。
きっと、ジプシーさんからいろんなことを学んでいるはず。

Dsc_0898
いつもジュリ-さんを見守っていたジプシーさん。
きっとこれからも、見守り続けるでしょう。

この日はあまり他の動物を見る気持ちになれなかったので、
ドングリを拾った後は動物慰霊碑に行き、
ターキンなどを移動途中にチラッと見る程度で帰りました。

次回は、またじっくりと観察しに行きたいと思っています。





【送料無料】オランウータンのジプシー

【送料無料】オランウータンのジプシー
価格:1,260円(税込、送料別)

| | コメント (0)

«多摩動物公園 ジプシーさんの思い出