« 夜のベイエリア散策&ハセストの「やきとり弁当」 | トップページ | 函館空港 »

2017年1月26日 (木)

函館の街&ラッキーピエロ その2

2日目は、函館の街をかなり歩きましたが、
まずは、再び熱帯植物園へ行きました。
(熱帯植物園の記事はこちら

普通は2回も行かないと思いますが、
雪の影響もあるかと予備日として午前中を空けておいたので、
開園直後だと様子が違うのかを見に行ってみました(^^)。

函館駅からだと96系統のほか、6系統でも行けるので、
9:07発の6系統に乗るとちょうど開園時間ぐらいに着けます。

開園直後でも、午後と様子は同じで、
すでに温泉まったりモードでしたが、観察は楽しめました。

その後、またバスで函館駅へ戻りましたが、
函館駅行きのバスは、午前中だと1時間に1~2本です。

ランチは、またまたラッキーピエロ(^^)。
函館でしか食べられないとなると、リピートせずにはいられません!
この日は、駅前店。

公式サイトに「棒二森屋 本館1F」とありますが、
入口が市電の通っている道に面していなくて、
建物の裏側にあってちょっと迷ってしまいました。

Img_9003
「土方歳三ホタテバーガー」(380円)

駅前店は、それほど広くない割に、
お客さんは多くてお昼時には満席。

平日の12時少し過ぎた頃に行ったら、席待ち2組目と言われましが、
それほど待たずに席が空きました。

お客さんは、見た感じ9割ぐらい外国人観光客。
その方たちは、ほぼ全員、
チャイニーズチキンバーガーのセットを食べていました。
ポテトと冷たいウーロン茶が付いてお得です。

私もリピートしたい気持ちもあったり、
人気№2や№3とも迷いましたが、
東京では食べられないと思われる「ホタテ」にしました。

ホタテはかなり大きくて、美味しかった!
これもボリュームあったので、
ポテトを注文しなくてよかったです。

お隣で地元の方と思われる男性がオムライスを食べていましたが、
かなり大きくてビックリしました。
あれを完食する自信はありません・・・。

その後、「はこだて自由市場」を見たり、隣にある函館中央郵便局で
風景印を押してもらって、ハガキを出しました。

Img_9044

ポストカードは、五稜郭タワーのチケットを買うときに、
市バス・市電2日乗車券を見せるともらえたものなので、
裏も表も五稜郭です♪

そのまま持って帰ることもできるようですが、
せっかくなので送ったら、
お昼過ぎていましたが、翌日には家(関東)に到着しました!
意外と早くてビックリ。

そして、市電でベイエリア方面へ移動。

赤レンガ倉庫「BAYはこだて」などを見てまわり、
「プティ・メルヴィーユ」でメルチーズをゲット。
カフェも併設していて、
メルチーズと飲み物のセットなどもあるようです。

Img_9032
メルチーズ(プレーン、生キャラメル風味、パンプキン 各160円)

こちらでは、バラでも購入できますが、
空港店では、バラはなく、箱のセットもプレーンのみか、
プレーン&パンプキンしかないそうです。
(2017年1月の情報)

「スナッフルス」のチーズオムレットと食べ比べた感じは、
オムレットの方がふんわり感があり、
メルチーズの方がチーズが濃いめで、「生」感があったような気がします。
(同時に食べていないので、定かではありませんが)

個人的には、メルチーズの生キャラメル風味が美味しかったので、
生キャラメル風味も買ってみてよかったです。

ただ、こういった「とろける系」は、本当に一瞬でとろけてしまって、
なんだか食べた気がしないので、
私はもっと食べ応えのあるものの方が好きです(^^)。

Img_9046
同じく「BAYはこだて」で買ったハンカチ(烏賊墨染工房)。
なんと、セピア色の部分はイカスミで染めているんだそうです!

手ぬぐいとか巾着とか、いろいろありました。

Img_9029

「幸せの鐘」のあたりから続く石畳に
ハートの石があるらしいのですが、
雪に埋まっていて全く探せませんでした。

Img_9034
人気の撮影スポット。
皆さんここをバックに写真を撮っていたので、
人がいなくなるまでけっこう待ちました。

そして、徒歩で教会方面へ移動。

Img_9027
五稜郭が描かれたマンホールのフタ。

Img_9036
イカもカワイイ♪

どちらもカラーバージョンがあるそうですが、
やはり雪が多すぎて、探すどころではありませんでした。

Img_9009
こちらは、ペリーさん。

Img_9022
函館ハリストス正教会。

Img_9018
八幡坂。
夜より昼の方が好きです♪


ちなみに、「棒二森屋(ぼうにもりや)」という響きが
なんだか好きなんですが、棒二森屋の公式サイトを見ると、
「Boni-moriya 棒二森屋店」と書いてあります。

「棒二森屋」が店名なのかと思っていましたが、
○○店ということは、場所の名前なのか?と
ものすごく気になってしまいました(笑)。

函館空港のサイトには、「棒二森屋 函館空港店」と
書かれているので、場所の名前ではない感じです。
ならば、なぜ○○店となっているのか???

これ、もし、お店紹介の原稿だったら、
「店」までが正式名称なのかどうなのか、
ちゃんと調べないとダメなので、職業病です(^^)。

とりあえず公式サイトを見ると、
「株式会社 中合」の店舗として「棒二森屋店」とあり、
沿革によると中合が「棒二森屋店」を統合したようなので
そのまま名前を残しているということなのかな。
では、「○○店」はどこから来たのか???

以下は出典まで調べていないので確かではありませんが、
「金森森屋百貨店」と「棒二萩野商店」が合併して
「棒二森屋」となったそうです。

それなら「棒二森屋百貨店」とかでもよさそうですが、
なぜ、「店」だけ残して「棒二森屋店」なんだろう???

そして、「棒二森屋店」が正式名称なら、
空港のお店は「棒二森屋店 函館空港店」で、
ラッキーピエロも「棒二森屋店 本館1F」と書くと思うのですが、
なぜ違うんだろう???

いろいろ謎が残りますが、今回は仕事ではないので、
この辺でやめておきましょう(^^)。


|

« 夜のベイエリア散策&ハセストの「やきとり弁当」 | トップページ | 函館空港 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜のベイエリア散策&ハセストの「やきとり弁当」 | トップページ | 函館空港 »