« 魚津水族館のマルメタピオカガエル | トップページ | いしかわ動物園のコビトカバ »

2017年4月19日 (水)

魚津水族館のアクリル製トンネル

魚津水族館にある全面アクリル製トンネルは、
1981年に日本で初めて設置されたものなんだそうです。
当時の技術では、鉄骨が必要だったとのこと。

Dsc_2611


Dsc_2632

バックヤードも公開されていて、
ガイドツアーなどでなくても、いつでも見られます。

Dsc_2665

富山湾大水槽のお食事タイムが始まる少し前に行けば、
飼育員さんが潜る様子も見られます。

Dsc_2699

バックヤードから水槽まではそれほど距離はないので、
飼育員さんが潜るのを見てから水槽に行っても
エサやりを見ることができます!

Dsc_2713

エイのエサは飼育員さんが直接口に入れてあげていましたが、
エイは泳ぎながらエサを食べるのには、不向きな構造だからかな?

Dsc_2709


Dsc_2938

水族館の近くには桜がたくさん咲いていたのですが、
この日は雨が降っていたのでお散歩できず残念。。。

ちなみに、館内には飲食できるスペースはありません。
(レストランは隣の建物にあるようです)
出口の近く(アザラシの前)にグッズ売り場があり、
ホタルイカ形のルアーやオリジナル缶バッジなどが販売されていました。
3Fには、缶バッジやマグネットのガチャガチャもあります。

アクセスはいろいろな方法がありますが、
私は空港からバスで富山駅、そして電車で魚津駅へ移動して、
コミュニティバス(東回り)で水族館前まで行きました。
帰りも、コミュニティバス(西回り)で魚津駅へ戻りました。

|

« 魚津水族館のマルメタピオカガエル | トップページ | いしかわ動物園のコビトカバ »

動物園・水族館(中部・北陸)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 魚津水族館のマルメタピオカガエル | トップページ | いしかわ動物園のコビトカバ »