« 多摩動物公園 ジプシーさんの献花台 | トップページ | 多摩動物公園のオランウータン »

2017年10月 5日 (木)

多摩動物公園 ジプシーさんの思い出

しばらくいろいろと立て込んでいて
多摩にも行けていなかったのですが、
まさか6月に見たジプシーさんが最後になるなんて
思ってもいませんでした。

Dsc_7935
(2017年6月撮影)

Dsc_7942
(2017年6月撮影)

リキ君と遊ぶジプシーさんは、とても楽しそうでした。

過去に撮影した写真を見返してみましたが、
私の中でとても印象に残っている場面は、
2015年1月に行われた還暦のお祝いでの1コマです。

Photo_27
(2015年1月撮影)

ジプシーさんがケーキを食べていたらリキ君がやってきて、
ジプシーさんがリキ君に気をとられているうちに
いつの間にかジュリーさんにケーキを取られてしまった場面。

「ケーキ取られちゃったじゃないの!」と言っているかのようなジプシーさんと、
ちゃっかりケーキを食べるジュリーさんの表情がなんともいえず
とても幸せそうな場面でした。

その日のブログ記事はこちら

こんなジュリーさんを見て、
きっとジプシーさんは嬉しかったと思います。

静岡から戻ってきたばかりの頃のジュリーさんは、
ジプシーさん以外とは同居できなかったそうです。

それには、たぶん、幼い頃の出来事も影響していると思います。

『オランウータン わんぱくっ子とおかあさん』(ポプラ社)によると、
ジプシーさんの長女ジュリーさんは、
1歳半ぐらいのときに、一時的にジプシーさんと
引き離されてしまったそうです。

ジプシーさんに早く次の子どもを産んでほしかったので、
麻酔をかけて引き離してしまったのです。

2頭は同じ園内にいながらも会えず、半年後に再会しました。
2頭は近くで遊ぶものの、お互いかけよったりすることはなく、
嬉しそうな様子もなかったそうです。

その後、また別々の部屋に帰るのですが、
ジプシーさんは、自分の部屋ではなく、
ジュリーさんが住んでいる部屋へ飼育員さんを引っ張って行きました。
通ったこともない道なのに。

きっと、ジプシーさんは、
ジュリーさんにすごく会いたかったし、
再会できて嬉しかったけれど、
人間の事情を察して我慢していたのではないかと思います。

でも、幼いジュリーさんには人間の事情なんてわからないので、
(幼くなくても人間の事情なんて普通はわからないと思いますが
ジプシーさんはわかっていたような気がします)
お母さんと引き離されてしまったことはトラウマになったと思います。

ジュリーさんは1981年にジャック(現:旭山)を産んで育てましたが、
その後お子さんは誕生しておらず、
2001年4月に日本平動物園へ移動となり、
2005年5月に多摩へ戻ってきました。

日本平動物園内で配布されているフリーペーパー
『でっきぶらし』(164号 2005年03月)でジュリーさんについて、
「なかなかこちらに心を開いてくれず、
少し心を許してくれたかと感じるようになったのは
3年以上もたってからです」と、当時の飼育担当者が書いています。

『オランウータンのジプシー』(ポプラ社)によると、
ジュリーさんが多摩に戻ってから、2頭を一緒に放飼場へ出すときは、
ジュリーさんが安心して出てこられるように
いつもジプシーさんが見守っていたそうです。

その後、キキさんが来園しますが、
ジプシーさんがいつも一緒にいてくれたので
ジュリーさんはキキさんとも一緒に外に出られるようになり、
やがてリキ君と遊ぶ姿も見られるようになりました。

そして、2016年末から2017年にかけて、
ジュリーさんには大きな変化がありました。

チェリアちゃんを育てるという「役割」というか、
「生きがい」ができてからは、
チェリアちゃん中心の生活が始まりました。

ブログ内関連記事はこちら

チェリアちゃんが来た経緯を知らない来園者は、
2頭を本当の親子だと思って見ていますし、
「やっぱり自分の子はカワイイのかしらね~」
などという声も聞こえてくるほどです。

そんなジュリーさんを見て、ジプシーさんは
「ジュリーは、もう大丈夫」と安心したのかな。

そしてリキ君も、チェリアちゃんだけでなく、
チェリアちゃんの母親であるバレンタインさんにも積極的に近づき、
今ではすっかりバレンタインさんと仲良くなったようです。

そんな変化を少し離れたところから見ていたジプシーさんは、
いつもの優しいまなざしでしたが、少し寂しそうなときもあり、
「もう自分がいなくてもみんな大丈夫」って感じていたのかな、
・・・なんて考えてしまいました。

でも、ジプシーさんが残してくれたものは、
みんなの中に生き続け、受け継がれていくと思います。

ジプシーさんがいたから成り立っていたともいえる、
多摩独特のあの雰囲気がずっと続き、
みんなが幸せに暮らせることを願っています。

写真を見返しながら、いろいろな思いがこみ上げてきてしまったのですが、
ジプシーさんといえば、やはり、コレですね。

Photo_43
(2014年9月撮影)


Dsc_7311
(2016年1月撮影 大好きなリキ君と)


Dsc_0574
(2017年2月撮影)

Dsc_1244
(2017年3月撮影)




【送料無料】オランウータンのジプシー

【送料無料】オランウータンのジプシー
価格:1,260円(税込、送料別)


|

« 多摩動物公園 ジプシーさんの献花台 | トップページ | 多摩動物公園のオランウータン »

多摩動物公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多摩動物公園 ジプシーさんの献花台 | トップページ | 多摩動物公園のオランウータン »