« 智光山公園こども動物園 ヨーネ病の最終報告 | トップページ | 国内で飼育されているボルネオオランウータンの血縁関係 その1 »

2018年11月12日 (月)

多摩動物公園のオランウータン

ミンピーちゃんが11月14日に日本平動物園へ移動になるとのことで、
移動前に多摩でもう一度会っておきたいと思い、
久しぶりに多摩動物公園へ行ってきました。

午前中、大きい方の放飼場にはキキ&ロキ&リキ親子と、
ジュリー&チェリアが出ていました。

Dsc_5182
チェリアちゃんはジュリーさんから離れて
一人で遊んでいる時間も多くなり、
リキ君とも一緒に遊べるようになっていました。

Dsc_5218

チェリアちゃんもけっこう気が強くて、
「遊んでいる」かは微妙なときもありますが、
以前のように嫌がってばかりではないようです。

Dsc_5222

リキ君、よかったね(^^)。

Dsc_5260

そんな2頭を、少し離れたところから見守っていたジュリーさん。

Dsc_5225

でも、まだ「おんぶ」も頑張っています(^^)。

Dsc_5211

そして、6月29日に誕生したロキ君にも初めて会えました♪

12月にはズーラシアへ帰る予定のバレンタインさんが、
多摩にいる間にキキさんの子育てを見られるなんて
素晴らしいタイミングでの出産です。

もちろん、チェリアちゃんにとってもよい経験となるでしょう。
ジュリーさんの愛情を受け、キキさんの育児を間近で見れば
チェリアちゃんもきっと子育てできるようになって、
「人工哺育の連鎖」が断ち切れるでしょう。
(ブログ内の関連記事はこちら


Dsc_5268
スカイウォークは、キキ&ロキ&リキ親子の当番でしたが、
あまり気が乗らなかったようで、途中までしか行かず
早々に帰ってきました。

ロキ君、しっかりしがみついていましたが、
見ている方がヒヤヒヤしちゃいます。

午後からは室内での展示で、
キキ&ロキ&リキ親子と、バレンタインさんが一緒でした。

Dsc_5322

うまく撮影できませんでしたが、
ハンモックでのんびりしていたキキ&ロキ親子のところに、
バレンタインさんが入り込んできました。

バレンさん、大きいので威圧感があり、
キキさんには迷惑だと思いますが、
どんどん観察してほしいと思います。


そして、2時からは大きい方の放飼場で
ミンピーちゃんのお別れ会がありました。


Dsc_5383
ミンピーちゃん、12月10日で12歳になります。

まだまだ「優しいお姉ちゃん」のポジションで
多摩にいてくれると思っていましたが、
キキさんがリキ君を産んだのも12歳でした。

ミンピーちゃんも、そんなお年頃になったのですね。

Dsc_5425

ミンピーちゃんの子育てを多摩で見られないのが残念ですが、
チャッピーさんがアピ君を育てる様子を
間近で見てきたミンピーちゃんなら、きっと優しいお母さんになれるでしょう。

Dsc_5353
アピ君は、もうお姉ちゃんと遊べなくなります。

Dsc_5496

チャッピーさんも寂しくなるでしょう。

ミンピーちゃんのお相手となるジュン君についても調べてみましたが、
長くなったので次の記事で。


|

« 智光山公園こども動物園 ヨーネ病の最終報告 | トップページ | 国内で飼育されているボルネオオランウータンの血縁関係 その1 »

多摩動物公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 智光山公園こども動物園 ヨーネ病の最終報告 | トップページ | 国内で飼育されているボルネオオランウータンの血縁関係 その1 »