« ビジネス文書のサンプルと現実のギャップ | トップページ | 「本当に???」と思った情報はリリースを確認! »

2020年10月19日 (月)

おびひろ動物園 麻酔なしでキリンの削蹄に成功

10月12日付の「北海道新聞どうしん電子版」によると、
おびひろ動物園の飼育員さんがハズバンダリートレーニングにより、
麻酔なしでキリンの削蹄ができるようになった、とのこと。

素晴らしいことですね!

簡単なことではないと思いますが、これを機に、
他の園でも取り組める環境が整っていってほしいです。

2018年の動画では、まだ前肢を上げるところまででした。

2020年10月の動画では、上の動画で言っていた目標を達成しています!

10月15日付の「おびひろ動物園公式ブログ」によると、
トレーニングを始めたころは、
削蹄の必要性はそれほど感じていなかったそうですが、
急に削蹄が必要な状態になってしまったとのこと。

もし放置していたら関節が変形してしまい、
それはキリンにとって命にかかわること・・・。

早くからトレーニングに取り組んでいたので、
命を守ることができたのです。

飼育員さんが書いたブログには、

「でもまだ私の役割は終わっていません。
この技術を伝承すること。
これが1番大変かもしれない。

いつ異動になるかわからない公務員。
伝承する時間も取れないくらい急にやってくる異動。

じゃあ誰に伝承すればいい?
みんないつ異動になるかわからないのに…」

「公務員だけど、
飼育員は飼育技術者であることを
思い知らされた。」

と書かれています。

飼育員さんの異動、
どうにかならないのでしょうか。

動物たちが幸せに暮らすためにも、
まずは飼育員さんたちの労働条件などを
改善していくことが必要だと思います。

この飼育員さんの師匠で、
ハズバンダリートレーニングの技術を広めるために
尽力している飼育員さんに関する過去記事はこちら

|

« ビジネス文書のサンプルと現実のギャップ | トップページ | 「本当に???」と思った情報はリリースを確認! »

動物園&動物あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビジネス文書のサンプルと現実のギャップ | トップページ | 「本当に???」と思った情報はリリースを確認! »