« ここに貼らないで~ | トップページ

2022年4月 4日 (月)

ズーラシアのアカアシドゥクラングール

3月に、久しぶりにズーラシアへ行きました!
最後に行ったのは2019年12月なので、
約2年ぶりです。

この日のアカアシドゥクラングールは、
ワニさん&ラーくん一家。

行っていなかった2年間に、誕生や死亡がありました。
以下、ズーラシアのプレスリリースより。

2021年4月9日 ムー♀死亡(両親:コイ♂&ツバオ♀)
2013年12 月に誕生し、ツバオさんが体調不良になったため、
人工哺育で育ち、バックヤードで飼育されていました。
死因は成長期の発育不全による衰弱。

2021年5月28日 コイ♂死亡(ツバオさんのパートナー)
アカアシドゥクラングールの飼育下での平均寿命は約25年、
コイくんは25歳ということで、死因は加齢による衰弱。

2021年5月13日 ライ♀誕生(両親:コイ♂&ツバオ♀)
コイくんが亡くなる少し前に誕生したんですね。

2022年1月29日 アーニ♂死亡(両親:ラー♂&ワニ♀)
2015年4月23日に 誕生し、段々と成獣のオスらしくなってきて、
最近は弟のマニ君と飼育されていたようです。
死因は、下痢症状による衰弱。

2022年1月29日 オスの赤ちゃん誕生!(両親:ラー♂&ワニ♀)
現在、お名前投票中。

今、どのようなグループで飼育されているのかわかりませんが、
家族としては下記のようになると思います。

●ツバオ♀ファミリー

サオ♀(2015年生)→2019年にワニファミリーへ
プク♀(2017年生)
モイ♂(2019年生)
ライ♀(2021年生)

2019年のモイくん
https://quelque-chose.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-88c0f2.html



●ワニ♀&ラー♂ファミリー

ショーン♂(2014年生)→バックヤード?
マニ♂(2017年生)→単独飼育?
ホア♀(2020年生)
赤ちゃん♂(2022年生)

ショーンくんは、ムーちゃんと同じく人工保育だったのですが、
だんだんと展示されなくなりました。

私が最後に見たのは2017年です。
このときは、ムーちゃんと一緒にワニさんたちと展示されていました。
https://quelque-chose.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-f648.html

というわけで、この日の展示は、
ワニさんと赤ちゃん、ラーくん、ホアちゃん、サオちゃん、
だったと思います。

Photo_20220403163803

ワニさんと赤ちゃん。

 

1

赤ちゃん、見えました! カワイイ(^^)。
こっち見てるよね?

Photo_20220403163801

右はサオちゃんかな? ツバオさん似だと思います。

Photo_20220403163802

これが、ホアちゃんかな?

Photo_20220403164501

そして、たぶんラーくん。

暖かい日だったので、みんな活発に動いていました!

 

|

« ここに貼らないで~ | トップページ

ズーラシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ここに貼らないで~ | トップページ