ズーラシア

2022年4月 4日 (月)

ズーラシアのアカアシドゥクラングール

3月に、久しぶりにズーラシアへ行きました!
最後に行ったのは2019年12月なので、
約2年ぶりです。

この日のアカアシドゥクラングールは、
ワニさん&ラーくん一家。

行っていなかった2年間に、誕生や死亡がありました。
以下、ズーラシアのプレスリリースより。

2021年4月9日 ムー♀死亡(両親:コイ♂&ツバオ♀)
2013年12 月に誕生し、ツバオさんが体調不良になったため、
人工哺育で育ち、バックヤードで飼育されていました。
死因は成長期の発育不全による衰弱。

2021年5月28日 コイ♂死亡(ツバオさんのパートナー)
アカアシドゥクラングールの飼育下での平均寿命は約25年、
コイくんは25歳ということで、死因は加齢による衰弱。

2021年5月13日 ライ♀誕生(両親:コイ♂&ツバオ♀)
コイくんが亡くなる少し前に誕生したんですね。

2022年1月29日 アーニ♂死亡(両親:ラー♂&ワニ♀)
2015年4月23日に 誕生し、段々と成獣のオスらしくなってきて、
最近は弟のマニ君と飼育されていたようです。
死因は、下痢症状による衰弱。

2022年1月29日 オスの赤ちゃん誕生!(両親:ラー♂&ワニ♀)
現在、お名前投票中。

今、どのようなグループで飼育されているのかわかりませんが、
家族としては下記のようになると思います。

●ツバオ♀ファミリー

サオ♀(2015年生)→2019年にワニファミリーへ
プク♀(2017年生)
モイ♂(2019年生)
ライ♀(2021年生)

2019年のモイくん
https://quelque-chose.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-88c0f2.html



●ワニ♀&ラー♂ファミリー

ショーン♂(2014年生)→バックヤード?
マニ♂(2017年生)→単独飼育?
ホア♀(2020年生)
赤ちゃん♂(2022年生)

ショーンくんは、ムーちゃんと同じく人工保育だったのですが、
だんだんと展示されなくなりました。

私が最後に見たのは2017年です。
このときは、ムーちゃんと一緒にワニさんたちと展示されていました。
https://quelque-chose.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-f648.html

というわけで、この日の展示は、
ワニさんと赤ちゃん、ラーくん、ホアちゃん、サオちゃん、
だったと思います。

Photo_20220403163803

ワニさんと赤ちゃん。

 

1

赤ちゃん、見えました! カワイイ(^^)。
こっち見てるよね?

Photo_20220403163801

右はサオちゃんかな? ツバオさん似だと思います。

Photo_20220403163802

これが、ホアちゃんかな?

Photo_20220403164501

そして、たぶんラーくん。

暖かい日だったので、みんな活発に動いていました!

 

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

「ズーラシア樂会」動画配信 ゾウたちの 20 年

今年の2月にズーラシアで開催される予定だった
開園20周年記念シンポジウム「ズーラシア樂会」が、
公式YouTubeで動画配信されています。

2月だったら行けなかったので、
このような形で公開されて嬉しいです(^^)。

まだ全部は見られていませんが、
一番気になっていたゾウの講演を見ました。

最後に、豊橋へ移動したチャメリーさんの近況も語られ、
チャメリーさんの「タダモノではない感」に驚きましたが、
期待せずにはいられません!

ぜひ、嬉しい報告とともにズーラシアに戻ってきてほしいです。

 

 

他の動画も公式サイトから見られます!

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

ズーラシアのオウギバト

12月初旬の訪問です。
現在、オウギバトは非展示となっており、
展示再開は3月ごろとのこと。
(12月18日に公式ツイッターで、非展示になったとのツイートあり)

Dsc_3135

雛もだいぶ大きくなってきました。
今はもっと大きくなっているでしょう。
3月に展示再開されたときは、大人と同じくらいになっているかも?

Dsc_3139

Dsc_3357
ひとりでお留守番。


Dsc_3386

お父さん帰ってきました。
並ぶとこのぐらいのサイズ。

Dsc_1408
10月末はこんなに小さくて、まだ冠羽もほとんどありませんでした。

Dsc_2363

11月中旬にはここまで大きくなり、

Dsc_2558
11月下旬には、かなり丸っこくなってきていました(^^)。

今回、バードケージ内で初めて雛が孵化したとのことで、
成長していく様子を見ることができてとてもラッキーでした。


Dsc_3432
ほかのオウギバトさんたちも活発で、
飛ぶ様子も何度も見ることができました。

Dsc_3198

この日のツボは、このヒト。
肢が暖かそうですが、冬支度なのでしょうか(^^)???

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

ズーラシアのトウホクノウサギ

トウホクノウサギは、ずいぶん白くなっていました!

Dsc_3285
ん? 茶色いのは何でしょう?

Dsc_3287
後ろ肢???

Dsc_3286
でかっ!
肢の大きさにビックリ(^^)。

同じ個体かわかりませんが、10月に行ったときはまだ茶色でした。


Dsc_1383



| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

ズーラシアのオウギバト 巣立ち後

11月中に再度行ってみたら、巣立ちしていました!

Dsc_2786_20191130213301


Dsc_2834_20191130213301
この日も雨が降っていたので、屋根があるこの場所から
ほとんど動きませんでした。

オシドリさんたちがゾロゾロとやってきて、
たぶんエサが食べたかったのだと思います。

Dsc_2852_20191130213301

みんな様子をうかがっていたのですが、
チャレンジャーがお皿に近づこうとすると・・・

「うちの子に近づかないで!」
「ごはん食べたいだけなんですけど・・・」
みたいな感じでしょうか。

Dsc_2853_20191130213401

お母さんに守られて、雛も強気です(^^)。

この後、少し離れたところで大きな音がしたら、
お母さんは雛を置いて、(たぶん)様子を見に行ってしまいました。
威嚇してたわりには、お子さん置いて行っちゃうお母さん。

Dsc_2859_20191130213401

チャンス!と思ったオシドリさんが近づいてきましたが、
雛が一応、威嚇してみたようです(^^)。

Dsc_2866_20191130213401

お母さんが戻ってきて、結局、オシドリさんはごはんにありつけず退散。

Dsc_2870_20191130213401
雛の前でイチャイチャしている(?)親鳥たち。

Dsc_2887_20191130213401

親子で丸っこい(^^)。

Dsc_2999_20191130213401

他のオウギバトさんたちは、ここで雨宿り。

今年は1月中旬から2月末までオウギバトは非展示だったようなので、
寒くなるとまた非展示になるかもしれません。

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

ズーラシアのオウギバト 巣立ち前

孵化後、3週間ぐらい。

Dsc_2354

Dsc_2363

Dsc_2396

ちょうど飼育員さんがいらして、あと1週間ぐらいで巣立つと思いますと
言っていました。

そして、公式ツイッターで、11月24日に巣立ったと報告がありました。

巣立ち後も見に行かねばと思い、行ってみると・・・
Dsc_2479
雨が降ったりして寒い日だったこともあり、
この日、私が見ていた間はずっと巣にいました。

Dsc_2487

 

Dsc_2558

たぶん雛としてはこれが普通の顔なのに、怒っているように見えます。
カワイイけど、顔がコワい(^^)。

Dsc_2569

羽ばたく練習はたくさんしていました。

Dsc_2706

人が近づいても逃げないミドリちゃん(緑のリング)。
でも、オオギバト仲間と少し距離を置いている感じ。

ミドリちゃん、足をケガしているのかな?
歩き方が少しおかしいです。

そのせいなのかわかりませんが、お気に入りの場所にとまっていたら、
他のオウギバトに追い払われる場面を何度か見たことがあります。

数年前に、バードケージで「とっておきタイム」があったとき、
オス2羽とミドリちゃんがいても、
オスはミドリちゃんを選ばず、オス同士で仲良くしているので
ミドリちゃんはそのときのオスからは人気がないという話を
聞いたことを思い出しました。
その時のミドリちゃんなのかな???

Dsc_2578

こちらは、三角関係なのかしら???
この3羽でいることが多く、ボボーと頭を振ってアピールしていましたが
まだカップル成立はしていませんでした。

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

ズーラシアのテングザル

ズーラシアには、10月~11月にかけて何度か行きましたが、
10月に行ったときは、2回ともゲンキ君が出ている日でした。

Dsc_1031

またお鼻が立派になったような気がして、
前回の写真と比べてみましたが、たぶん変わっていませんでした(^^)。

11月に行ったときは、女子+ココ君にも会えました。
ココ君はかなり活発になって、お姉ちゃんたちと仲良く遊んでいました。

Dsc_2599

Dsc_2583

Dsc_2630

Dsc_2609

Dsc_2615

みんな元気そうでよかった(^^)。

テングザルは、12月から2月まで非展示になります。

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

ズーラシアのチンパンジー

「アフリカのサバンナ」からの帰り道、
小さいコが遊ぶ様子が見られました。
2017年生まれのハルちゃんかな?

Dsc_1242

Dsc_1244

Dsc_1367

遠足で来ていた子どもたちが、大人のチンパンジー♀のお尻を見て
「チンパンジーのお尻って、なんかシュワシュワ」と
言っていたのがツボでした(^^)。


| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

ズーラシアのキリン

混合展示場で公開馴致をしている
キリンの赤ちゃんも見られました。

Dsc_1315

7月に誕生したエミリーちゃん、もうこんなに大きくなっていました。


Dsc_1296
エミリーちゃん(2019年7月1日生)。

キリンの赤ちゃんは成長が早くて、
大人と一緒に写真を撮らないと赤ちゃん感がでませんね。

公開馴致のスケジュールは、
公式サイトで発表されています。

キリンの赤ちゃんが混合展示場に出ている日は
チーターなどはお休みです。

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

ズーラシアのアカアシドゥクラングール

9月に誕生したツバオさんの赤ちゃんを見ることができました!

Dsc_1103


これまでツバオさんのお子さんは、
ムーちゃん(2013年生)、サオちゃん(2015年生)、
プクちゃん(2017年生)とすべて女の子でしたが、
今回は男の子とのこと。
愛称は投票でこれから決まるようです。
Dsc_1088
かわいい(^^)。

Dsc_0859
少しの間だけ、プクちゃんが抱っこしていました。


Dsc_0919
コイ父さん、イケメンです(^^)。

Dsc_1065
家族の集合写真はなかなか撮れませんが、なんとかスリーショット。

アカアシドゥクラングールは寒さが苦手なので、
12月~2月は非展示となります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧