オーガニック&エコ商品

2021年3月15日 (月)

無漂白のティッシュ「グリーンセイビング」

愛用していた「モーリティシュ」が生産終了となり、
去年からずっと無漂白のティッシュを探していました。

去年見つけたのが、オーガニック食品を扱うお店で
「モーリティシュ」の代替品として販売されていた
「グリーンセイビング」(コアレックス株式会社)と言う商品。

同社は、環境に配慮した再生紙100%のトイレットペーパー、
ティッシュペーパーを製造しているとのことで
メーカー直販「まーくんのエコショップ」でも販売されています。

そちらでまとめ買いをした方がお得なのですが、
漂白に関する情報が載っていません。

去年の2月に、漂白について問い合わせをしたときは、
使用している原料は印刷が施されている古紙のため、
インクを除去しなければならず、
消費者ニーズに対応し、多少の漂白はしているとのことでした。

その後も無漂白を求めて時々検索していたら、
同社の「みんなでリサイクルティシュー」という商品が
「大地を守る会」のサイトで販売されているのを見つけました。
そしてサイトには、「無蛍光・無漂白」と書かれています!

気になったので先日、またまた問い合わせをしたところ、
「みんなでリサイクルティシュー」と「グリーンセイビング」は
パッケージが違うだけで中身は同じとのこと。

環境に配慮し、安心して使用できる商品を作れるように
設備的、技術的な改良に取り組んでいる結果、
現在は、商品を製造する段階で地下水で洗浄を繰り返し、
除菌をすることによって漂白されており、
漂白剤としての薬品は使用していないとのことでした。

なんと! 薬品による漂白なしに改良されていました。

さっそく、店頭で6個パックセットを買ってみました。

Greensaving1

Hikaku1
上がグリーンセイビング、下が漂白されているティッシュです。
サイズが少し小さめですが、色はそれほど変わりません。
柔らかさも、私としては十分だと思います。

メーカー直販のサイトにはあまり情報が載っていないので、
「モーリティシュ」の代わりを探している方の
参考になればと思い、記事を書きました。

「無漂白」の愛用者が増えれば、
もっと購入しやすくなっていくと思います。

追記:2021年3月17日

同社の「コアレックスティシュー」も
パッケージと枚数が違うだけで、
中身は同じとのことです。
問い合わせに対しても、
とても丁寧に返信してくださいました!

こちらは楽天の直販店でも販売されています。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ティシューペーパー コアレックスティシュー 10パック入り
価格:4000円(税込、送料無料) (2021/3/17時点)

5パック入りのハーフもあります!

現在、キャンペーン中でお得な「オマケ付き」も
販売されているようです↓。

追記:2021年3月28日

オマケの「Chacopero(チャコペロ)」は、
茶色のトイレットペーパーです。
災害等緊急時に古紙が手に入らなくなった際に、
段ボールでもトイレットペーパーができるのか
という試みで出来上がった商品とのこと。
品質検査には合格しているけれど
商品としては試験用なので数量限定で作られたようです。

ちょうどティッシュが欲しかったので
キャンペーンの方を買ってみました。
チャコペロはとても柔らかいです。

専用の芯も入っていて、
ワンタッチタイプのホルダーでの使い方も
画像付きで説明されていたのでわかりやすかったです。



 

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

「ショコラマダガスカル」のココアパウダー

2月に買った「フォンデリア デル カカオ」のチョコ
かなり好みにツボだったのですが、
イタリアフェアなどでないと買えないのが残念。

これまでカカオの産地ごとの食べ比べを
したことがなかったのですが、
エクアドル産のカカオが美味しかったので
他の産地のチョコも食べてみました。

Img_9080
マダガスカルにあるロベール社のブランド「ショコラマダガスカル」。
どのタブレットも、マダガスカル産カカオを100%使用しているとのこと。
ダークチョコ、ミルクチョコそれぞれカカオの%がいろいろありますが、
濃いめのチョコが食べたかったのでダークチョコの85%と65%、
そしてココアパウダーを買ってみました。

マダガスカル産カカオはやや酸味が強いようで、
タブレットは、残念ながら好みではありませんでした。

でも、ココアパウダーにハマリました!

アルカリ処理をしていないとのことで、
ココアとして飲むときはダマになりやすいのですが、
トーストに蜂蜜とこれをかけて食べるのがかなり美味しいです(^^)。

蜂蜜は、バングラデシュ産がとても合います。

チョコのペーストだと甘すぎちゃいますが、
これだとほどよい苦味と蜂蜜の自然な甘さで
私好みの、ちょうどよい感じになります。

砂糖不使用なのもよいです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ショコラマダガスカル ココアパウダー 70G
価格:540円(税込、送料別) (2017/3/30時点)


| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

「フォンデリア デル カカオ」のチョコ

先日、日本橋方面に用事があったので、
帰りに三越の「スイーツコレクション2017」を見てきました。

気軽に買えるようなものはほとんどなかったのですが、
見たことのなかったお店が出店していたので、買ってみました!

Img_9058
イタリア「フォンデリア デル カカオ(Fonderia del Cacao)」の
タブレットヴィーガン(70%)チョコレート。

乳製品不使用、エクアドルのアリバカカオを原料にした
Bean to Bar製法によるチョコレートとのこと。
ヴィーガン(完全菜食)のチョコは、初めて見ました。

食べてみましたが、私の好みにツボでした!

ちょうど今、急ぎの原稿を書いているのですが、
頭の中がドロドロ(?)してきたときにちょびっと食べると、
いい感じで復活できます(^^)。

これはストックしておきたい・・・。

今のところ日本にお店はなくて、
バレンタインフェアやイタリアフェアなど、
デパートの催事で販売しているそうです。

今年のバレンタインフェアは、日本橋の三越と梅田の阪急のみとのこと。

14日までに日本橋へ行けるかわからないので、
オンラインストアで注文しちゃいました(^^)。
阪急なら、まだ買えます!(2月9日まで)

 

Img_9059
白砂糖じゃないのも嬉しい♪

 

Img_9061
(日本語シールをはがしてみました)

 

オーガニック、グルテンフリーなど、
いろいろ気を使っている人へのプレゼントにもよさそうですね。

カカオ100%~0%まであって、
三越の会場ではお店の方がとても感じよくて、
試食もいろいろさせていただきました♪

追記:2019年2月7日
楽天でも販売されていました!


 

| | コメント (0)

2012年12月17日 (月)

BIOのワイン

去年、「セヴァンの地球のなおし方」という
ドキュメンタリー映画を見てから、
ワインを飲むときは、できるだけビオ(BIO)ワイン
(自然な農法で育てたブドウを自然な製法で仕上げたワイン)を
選ぶようになりました。

そんなにたくさん飲む方ではないので、
時々買う程度なのですが、
いつも「リカーMORISAWA」さんで買っています。

お店はこちら→【リカーMORISAWA】


このお店、ほかのお店ではなかなかできないことをしているので、
また勝手に応援しています(笑)。

MORISAWAさんで購入すると、ワインと一緒に
「お客様の声」を書く紙が送られてきます。
これに、ワインやショップに対する感想などを書いてFAXすると
次回、送料無料になるシステムがあり、
私はよくそれを利用しています。

送料が無料になるのもうれしいですが、
いつも店長さんがその「声」に対する返事を
すぐにメールで送ってくれて、改善できることは
取り入れてくれるのがスゴイです。

今まで何度か「声」を送って、
かなり取り入れていただけて、ビックリしています。

そのうちの1つは、とても手間がかかる作業でしたが、
「そうですよね!」と共感していただき、
すぐに取り掛かかったようで、しばらくしてからサイトを見たら
すっかり作業が完了していました。
そして作業完了後は、
サイトの商品が、とてもわかりやすくなりました。

「声をお聞かせください」というお店はけっこうありますが、
実際に取り入れてくれるお店って、実は少ないように思います。
相手の立場になって、意見に耳を傾けることができるお店って
ステキですね!


| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

無漂白のティッシュペーパー(追記:生産終了)

<追記:2020年2月4日>

販売休止状態になっていたのでメーカーに確認したところ
ティッシュペーパー生産から
撤退されるとのことで、
この商品も生産終了となります。

愛用していたのでとても残念です・・・。

<追記:2021年3月15日>

新たな無漂白のティッシュを見つけました!
ブログ内の新しい記事
無漂白のティッシュ「グリーンセイビング」

 

共働学舎さんのトイレットペーパーを愛用し、
無漂白のよさを実感してから、
ティッシュペーパーも
無漂白のものを使うようになりました。

Photo_8
「モーリ ティシュ」(丸富製紙株式会社)

オーガニック食材を扱うスーパーなどで売っています。

花粉症の季節になると、
かなりティッシュのお世話になりますが、
無漂白のティッシュを使うようになったら
鼻の皮がむけることもほとんどなくなりました。

オープン価格のようなので、
お店によっては、ちょっと高めだったりしますが、
保湿成分が入ったティッシュなどを買うと思えば
それほど高くないと思います。
1箱は200組なので、「○セレブ」と同じ量。

いろいろな成分を入れる「足し算」より、
不要なものを使わない「引き算」に
大手メーカーも注目してほしいものです。

使い心地もとてもよいですよ!

 

<追記 2017年11月17日>
パッケージがリニューアルしましたが、
スペックの変更はないようです。

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

無漂白のトイレットペーパー その2

共働学舎さんの無漂白トイレットペーパーを使い始め
1年近く経ちました。
(使い始めのきっかけなどは、こちら

とても使い心地がよいので、
このまま継続して使おうと思っていますが、
先日、注文したトイレットペーパーが届いた際に、
残念なお知らせが入っていました。

ずっと共働学舎さんを支えてきた製紙会社、
「双葉製紙」の廃業が決まったそうです。

お知らせは2011年2月16日付なので、
すでに廃業してしまったのかもしれませんが、
とても残念でなりません。

多くの製紙会社が断る中、共働学舎さんの考えに共感し、
協力してきた「双葉製紙」が廃業してしまうとは・・・。

でも、「双葉製紙」の紹介で
「丸茂製紙」という製紙会社の協力を得ることができ、
なんとか原料は確保できるようです。

ただし、原料の在庫がなくなり次第、
ハードタイプの販売は終了し、
今後はソフトタイプのみの販売になるとのこと。

ソフトタイプは、大手のトイレットペーパーからも
触り心地などの違和感なく移行できますので、
ご興味のある方は、ぜひお試しください!!


Photo_2
(左が無漂白のトイレットペーパー)

柔らかさより、漂白していないことが
おしりへの優しさだと実感しています♪

追記:2018年9月27日

「芯なし 130m」の画像を追加しておきます。
「芯あり 65m」と同じようにホルダーに入り、
芯を捨てる手間がなく、交換の手間も減ります。

Img_0581
(左:芯なし 右:芯あり)


| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

共働学舎さんのサイト(新サイトの追記あり)

町田にある共働学舎さんで販売している
無漂白トイレットペーパーを
今年の8月から使い始めましたが、
とても使い心地がいいです!
(トイレットペーパーの詳細はこちら

大手メーカーが販売しているものと比べると、
決して柔らかいとはいえませんが、
使うほどに、「おしりに優しい」ことが実感できます。

どんなに柔らかくても、漂白している紙では
おしりへの負担が大きかったのですね。

まだ残っているのですが、
年末になる前に買っておこうかなと
共働学舎さんのサイトをチェックしてみたら、
インフォシークがホームページのサービスを終了したため
サイトがなくなっていて、ビックリ!

お引越し先もわからなかったので
メールで問い合わせをしたところ、
現在、サイトの引っ越し作業中とのこと。
トイレットペーパーの販売は、
通常通り行っているそうです。
(メールやFAXで注文可)

<追記>
サイトのお引越しが完了したと、
共働学舎さんから連絡をいただきました!

新しいサイトはこちら

Photo

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

無漂白のトイレットペーパー

規格外製品の件があり、
次からどこのトイレットペーパーを買おうかと
いろいろと調べてみました。

他社の商品レビューでも
「最近、硬くなった」と書かれていたのを目にしたので、
ちょっと目線を変えてみることに。

調べているうちに、
共働学舎」という障害を持つ人のための授産施設で
無漂白のリサイクルトイレットペーパーが売られていることを知りました。

「共働学舎」では、再生ルートがなく、
焼却炉で燃やされてしまうだけだった雑誌をリサイクルして、
無漂白のトイレットペーパーを作っています。

いろいろな記事も読みましたが、
協力してくれる製紙会社を探すのもたいへんだったようです。
様々な紙が混ざっている雑誌のリサイクルはたいへんですし、
色が悪いものは売れないから・・・と、断る製紙会社も多かったとか。
そんな中、静岡にある「双葉製紙」という製紙会社の協力を得て、
雑誌をリサイクルした無漂白のトイレットペーパーが誕生。

しかし、2009年あたりから、売り上げが落ちるばかりで
このままでは、事業が成り立たなくなってしまうかもしれないそうです。

よく考えてみたら、
トイレットペーパーなんてまっ白である必要はないですし、
漂白した紙を使うことは、
環境にもおしりにもよくないことだし、
使ってみたいという気持ちになりました。

配送の場合、50個単位での購入になるので、
いきなり50個はちょっと心配でしたが、
買ってみなければ何も始まらないので
ソフト加工が施してある「65メートル」タイプを注文。

Photo
届いたダンボール箱は、こんな感じ。
さすがに、25個×2段の箱は大きい(笑)。

単独で見れば、色はあまり気になりません。
一応、今までのと比べてみましたが、
まあ、今までのが白すぎるってことですね(笑)。
Photo_2
(右が今まで使っていたトイレットペーパー)

触った感じも、若干硬いかな?という程度。

さっそく、実際に使ってみましたが、
ミシン目がなくてもスムーズに切れますし、
「硬くてイヤだ」という感触ではありません。
↑これは個人の感想なので、
柔らかさを補償するものではありません(笑)。

今まで、トイレットペーパーの漂白については
考えたことがなかったのですが、
規格外製品の件がよいきっかけになりました(笑)。
今後は、これを使っていこうと思っています。

大手のメーカーからは、無漂白のトイレットペーパーは
あまり売られていませんね。

ご興味のある方は、下記サイトをチェックしてみてください!
社会福祉法人 共働学舎

追記:2018年9月27日

「芯なし 130m」の画像を追加しておきます。
「芯あり 65m」と同じようにホルダーに入り、
芯を捨てる手間がなく、交換の手間も減ります。

Img_0581
(左:芯なし 右:芯あり)


| | コメント (0)